テグレトールは優秀なてんかん治療薬ですが、正しく飲んでいますか?服用まえに必ず症状と薬の効果・副作用を確認しましょう。当サイトで主な注意事項をまとめてみました。

テグレトールと併用禁忌薬

テグレトールはネット通販でも簡単に入手可能なてんかん発作の治療薬です。入手が簡単であるからと言って、あくまで医薬品である以上服用には注意が必要です。

まずは、てんかん発作を正しく理解するためにもYouTubeなどの動画サイトで、てんかんについて理解を深めることをお勧めします。てんかん発作が起こるメカニズム、治療の方法、統計的なデーターなどの情報は動画サイトから入手することができます。初めててんかん治療を行う必要が生じた場合、特に昔から正しいと言われているてんかん発作の処置方法には絶対に行ってはいけない方法もあり必ず動画さいとで確認することをお勧めします。

てんかん治療の治療薬としてポピュラーな医薬品の一つがテグレトールです。現在ではネット通販でも簡単に入手可能な医薬品ですが、服用上注意しなければならない項目があります。テグレトールなどの抗てんかん薬は、日常生活に支障をきたす発作を予防的に抑えるために、常に薬剤の血中濃度を一定以上に保つ必要があります。しかし、血中濃度を高くしすぎると副作用用や中毒症状を引き起こすことになるために、急激に血中濃度が上昇させるような薬などとの併用は避けなければなりません。これが併用禁忌薬です。テグレトールの場合この併用禁忌薬としてあげられる薬は2種類。抗真菌薬であるポリコナゾールと肺高血圧症治療薬であるタダラフィルです。これらの医薬品を処方されないように、てんかん以外の疾患で医師にかかる場合にはテグレトールを使用していることを必ず伝える必要があります。また、ネット通販でこれらの薬品を入手する場合にも絶対に併用してはいけません。テグレトールは比較的安全な薬ですが、添付文書などに必ず目を通し副作用などに対して十分な理解をしておく事をお勧めします。