テグレトールは優秀なてんかん治療薬ですが、正しく飲んでいますか?服用まえに必ず症状と薬の効果・副作用を確認しましょう。当サイトで主な注意事項をまとめてみました。

テグレトールを服用してはいけない人

テグレトールは40年以上の歴史があるてんかん発作の治療薬として第一に選択されるポピュラーに使用されている医薬品です。そのため、ネット通販でも簡単に入手可能ですが、服用する際には注意が必要です。特に服用を禁じられているのは、重い血液障害のある人、重い房室ブロックや徐脈(50拍/分未満)のある人です。これらの病気をもっている場合には服用してはいけません。

てんかん発作の治療は、発作により日常生活に支障が出ないよう発作を抑える事が目的となるため、長期間薬を服用する必要があります。また、比較的治療方法が進歩してから時間が経過していないため、迷信のようなあやまった処置が未だになされているケースもあります。正しくてんかんを理解するためにも、YouTubeなどの動画サイトでてんかんについて解説されている動画をご覧になることをお勧めします。詳しく説明されている動画が何本も見つかります。

テグレトールは比較的安全に使用できる治療薬ですが、あくまで医薬品です。まれにですが、重篤な副作用を引き起こす可能性もあります。そのため、ネット通販を利用して入手する際にも添付文書に必ず目を通し、注意事項を確認しなければいけません。
更に、テグレトールを服用する初期には必ず医師の指導のもとに服用を始めてください。また、服用を中止する際にも自己判断で薬の服用を中止してはいけません。中止の反動で重篤なてんかん発作にみまわれる可能性があるからです。

てんかん治療は長期間薬の服用を余儀なくされるため、ネット通販を利用して薬を入手するのは選択肢の一つです。しかし、医薬品である以上副作用が出る可能性もゼロではありません。必ず医師の指導を受けながら服用する事をお勧めします。