テグレトールは優秀なてんかん治療薬ですが、正しく飲んでいますか?服用まえに必ず症状と薬の効果・副作用を確認しましょう。当サイトで主な注意事項をまとめてみました。

妊娠中のテグレトール

テグレトールは40年以上の歴史がある、てんかん発作の治療薬としてポピュラーに使用されている医薬品です。そのため、安全性も高くネット通販でも簡単に手に入れることが出来ます。てんかん治療は治療薬の服用が長期間にわたるケースが多く、テグレトールを服用中に妊娠する女性も多くみうけられます。そのため、テグレトールの胎児への影響を心配する声も聞かれますが、テグレトールが妊娠中の母体や胎児に影響を与えるという報告はありません。

てんかんという病気の治療方法が急激に進歩を遂げたのは昭和50年代からで、未だに古い迷信的な誤った理解がされています。例えば、てんかん発作を起こした時には口に割りばしなどを入れて、舌をかむのを防がなければならない…・これは絶対にやってはいけない処置です。てんかんを正しく理解するために、YouTubeなどの動画サイトに詳しい説明がアップされていますので一度動画サイトを検索しご覧になることをお勧めします。分かりやすく説明されている動画が何本も見つかります。

てんかん治療は、日常生活に支障をきたさないようてんかん発作を薬剤で抑える事がメインの対処方法となります。そのため、長期間にわたり薬剤を投与する必要があるため、購入に処方箋を必要としないネット通販を利用するという手段も選択肢の一つです。しかし、テグレトールはあくまでも医薬品である以上、服用にあたっては十分な注意が必要です。特に使用の初期、及び使用をやめる際には必ず医師の指導のもとに適切な服用をしなければなりません。また、ネット通販を利用する場合にも添付文書に必ず目を通し、副作用の症状を感じた時には必ず医師の診断を受ける必要があります。